ページ
TOP

良性・悪性があるため、まずご相談を

形成外科できもの・粉瘤【保険適応】

できもの・粉瘤のお悩み

「ほくろ」は全身に存在しています。顔の「ほくろ」が気になる人も多く、市販のしみ・ほくろ取りクリームではほとんど改善することはできません。また、一般的には良性と呼ばれる「ほくろ」でも、悪性の皮膚腫瘍と診断される場合もあるため、医療機関で診察を受けてください。当院では「ほくろ」の除去を保険適応で行っております。顔だけではなく、全身の「ほくろ」の除去にも対応しており、ほとんど目立たない状態まで改善することが出来ます。同様に、生まれつきや何らかのきっかけで急に出来てしまった「いぼ」や「できもの」についても、安全に除去することが可能です。皮膚の悩みや施術は様々なので、まずはご相談ください。

こんな方におすすめです。
  • できものが気になる
  • 粉瘤を取りたい
  • 顔の目立つところにできものがある
  • なにか皮膚にできものができた
  • 短時間で治療を済ませたい
できもの・粉瘤の治療法

真鍋院長のコメント

真鍋院長写真

当院では、あなたの症状、状態を診て切除法などの最適な治療法をご提案させていただいております。施術につきましては健康保険が適用されますので、ご来院の際はご持参ください。

できものの治療

「できもの」を切るときは、傷痕をできるだけ目立たなくすることが大事です。 顔のしわのよる方向に切ることで、切った跡を目立たなくし、特殊な縫い方で糸の跡ができないようにします。また、場所によっては縫わずに治すなど、最も目立ちにくい方法を行うようにしています。悪性のものについては、まず、病気を治すことが大事になります。それでも、大事な機能を失わないように、体の別の部位から、皮膚、脂肪、軟骨をもってくるなどの再建を行います。

粉瘤の治療

粉瘤は皮膚や角質などが排出されずに徐々に内部に角質や皮脂が貯留し、大きくなっていきます。患部は細菌に感染し膿でいることも多く、炎症がおこり痛みが生じます。内部は袋状になっており、袋自体を切除するしかありません。粉瘤は体のいたるところにでき、袋自体を切除しなければ再発を繰り返してしまいます。当院では少しでも傷を小さくするための治療を行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

完璧に改善したいあなたに

切除法

外科手術(切除法)による除去にも対応しており、治療は切除してできるだけ丁寧に縫合することで傷を目立たなくすることができます。

できもの・粉瘤の治療の流れ

STEP 1. カウンセリング

あなたの状態を診て、適切な治療法をご提案します。

STEP 2. 施述

カウンセリングに基づいて、実際にあなたに合った治療を行います。

STEP 3. 施術後

施術方法にもよりますが治癒するまでの注意点などを説明します。

できもの・粉瘤施術の料金表
部位・項目 内容 料金(税抜き) 備考
できもの・粉瘤 切除法 健康保険適用 -

pagetop

0722270666 0722270666
仮予約フォーム
お問い合わせ